Contents
 

 日本における近代看護教育は、明治17年に有志共立東京病院に看護婦養成所が設立されたことにより始まりました。この時代、郡山では医療機関の増加とともに感染症の流行などにより看護職員の不足が顕著となっており、地元での看護婦養成が急務となっておりました。そのため地域の医師の協力により、本校は明治45年に安積郡産婆看護婦養成所として開設され、その後幾度かの変遷を経て平成23年には創立100周年の記念すべき日を迎えました。

 これまでに、約8,000名の卒業生が、福島県はもとより全国各地で医療・看護活動において大きく貢献してまいりました。

 とくに、平成23年3月11日の東日本大震災からの復興と再生に向け、地域医療を通じた市民生活の安全安心の実現に一人ひとりが力を発揮できたものと考えております。

 さらに、今日の少子高齢化社会における医療に対するニーズが多様化するなか、看護職の果たす役割は極めて重要となってきております。

 これらの社会の変化と高度化する医療に対応するため、平成25年度より看護学科を新設し、准看護学科と併せて新校舎での教育活動を開始、平成27年3月には新たなキャンパスから卒業生を輩出したところであり、国家資格等についても高い合格率を達成いたしました。

 看護職は、地域社会において専門的技術はもとより幅広い教養と豊かな人間性を求められており、やりがいのある仕事です。

 郡山医師会が運営している郡山市医療介護病院に隣接し、調和のとれた本校は、教室、実習室、情報処理室、図書室に視聴覚設備を備えた環境です。さらに医療現場の最前線で活躍されている医師、看護師及び大学教授等を招いた、実践的な教育に加え、市内の多くの病院、施設等において臨地実習を行っております。

 ぜひ、本校において看護の道を志すことをお勧めいたします。

 
 

郡山看護専門学校

 
 
校 長  佐 藤 昌 保
 
 
ページトップ
   生命の尊厳と人間尊重を基盤として、豊かな感性を培い、科学的根拠に基づいた専門的知識・技術を用いて、保健・医療・福祉において質の高い看護を提供できる人材を育成する。
ページトップ
 
ページトップ
所在地 郡山市字上亀田14−4
開設年月日 看護学科…平成25年4月1日 / 准看護学科…明治45年4月25日
学校長 佐藤昌保
設置者 一般社団法人 郡山医師会
課程名 看護学科(医療専門課程) / 准看護学科(医療高等課程)
修業年数 各学科2年
定員 1学年 看護学科 40名 / 准看護学科 80名
ページトップ
明治45年4月 安積郡産婆看護婦養成所として開所
大正 6年3月 社団法人安積産婆看護婦学校設立
昭和18年2月 財団法人郡山産婆看護婦学校となる
昭和27年5月 財団法人郡山高等厚生学院郡山准看護婦養成所となる
昭和56年2月 財団法人郡山高等厚生学院郡山准看護婦高等専修学校となる
平成14年4月 財団法人郡山高等厚生学院郡山准看護師高等専修学校となる
平成24年4月 社団法人郡山医師会郡山准看護師高等専修学校となる
平成25年4月 社団法人郡山医師会郡山看護専門学校設立
平成26年4月 一般社団法人郡山医師会郡山看護専門学校となる
ページトップ
構造 鉄筋コンクリート造 3階建
延面積 2454.33u
   
   
   
ページトップ
サイトマップ プライバシーポリシー 当サイトについて リンク お問い合わせ
当校に関するお問い合わせ
TEL 024-953-3155/FAX 024-935-5233
郡山医師会 郡山看護専門学校/看護学科・准看護学科
〒963-8031 福島県郡山市字上亀田14-4
Mail : infom@k-kango.or.jp
Copyright(C) 2015 郡山医師会 郡山看護専門学校 All rights reserved.